ラーメンショップっぽいネギラーメンの再現@自作ラーメン




今回はラーメンショップっぽいのを作ってみようと思います。

東日本では良く見かけるラーメンショップ通称ラーショ。

こんな感じの赤い看板の店です。
見た事ある人は多いはず。
昔からありますが今もなお、根強い人気を誇っています。

それを再現すべく自分なりの方法でやって見たいと思います。






まずはスープ

豚背ガラ、鶏ガラ、肩ロース、背脂、香味野菜で4時間。

その後、スープを少々取っておきます。
後にネギに使います。



肩ロースもチャーシューにするので取って醤油に漬け混んでおきます。


スープはガラ達を更に圧力を掛けて粉砕。








麺は灰分の低い色相の良い小麦粉を使います。
特ナンバーワンとあやひかり2:1
ボーメ4
全卵を少し混ぜました。



パスタマシンで・・



加水率は38%


ラーショっぽいネギ

スープと醤油、油などで味を付けて和える。

背脂は細かくしておく。




チャーシューの切れ端をネギと和えて見ました。



醤油タレはチャーシューを漬け込んだ醤油と・・


決め手はコレ!

こんぶ茶を使ってみます。
これが今回のポイント。
クドク感じさせないスッキリとした旨味のあるスープになります。



ネギラーメン

ラーショっぽいドンブリが無いのが残念。




スープはこってりしながらもスッキリとした旨味で和をやや思わせる。
もうちょい豚寄りにした方が近いかな?



麺は普通。
それっぽくするには
茹で時間で調整します。
トッピングの海苔とワカメがメッチャ合う。


一発だとこんな具合の再現度ですが、あと何回か作ればより高くなると思われる。でもラーショも店舗により違いがあるので、どのイメージか?は伝わりにくい。
決め手は昆布茶でしたが、無添加の昆布茶を使えば無添加と言える。
でも、もう一人の自分がお前はそれでいいのか?
って言っている・・お前は無化調を貫くんじゃねぇのかと・・
やはり自分はそれらを使わず自作したい。
なのでスッキリとは何なのか?
酸味なのか?酢なのか?でも酢は昆布茶には含まれていない。
これでキレ。コク。スッキリ。また追求するのが増えてきましたね( ̄▽ ̄)

関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術