鬼怒川公園駅前のオールワンコイン店 わが家@栃木県日光市 鬼怒川 つけめん 豚丼

kinugawakouenneki2.jpg
鬼怒川公園駅。
久々に鬼怒川に来たのでたまたま通りかかったこの雰囲気が懐かしい匂いがした。




kunugawakouenneki3.jpg
レトロなローカル線も観光客には珍しく映るかもしれません。


そしてこの日は昼食難民になっていた。
どこへ行くか?
迷い、キョロキョロしていると後ろにお店らしきを発見。




ん?
wagaya2.jpg
防火水そう?(*´~`*)


↑そっちじゃねぇよ!Σ(゚д゚|||)





どうみても民家だ。

こんな店、自分の脳内データにはない。

スルーするか・・


でも待てよ?
ワンコインランチ?
wagayamenu.jpg
米沢風って・・汗
いやでもわざわざやや道路にはみ出すぐらいに置いてあるこのメニュー。
この僅か数センチ前にせり出すことで、頼む!来てくれ!と願ってるようにも見える。←注:ただの勘違い。
どう考えても自分を誘っている。



これは明らかに勇気を出さないとダメなパターン。
これもブロガーの宿命。人柱となりましょう。
↑注:ただの錯覚。笑


それでは突入!
wagaya3.jpg
門の上の猫の置物がWELCOMEと書いてある。
正直、これがなかったらお呼びでないと思っていたかもしれん。



早速中へ
wagaya4.jpg
こんにちは~と声かけるも返事がない・・・

やはりダメか?


でも中からガヤガヤと声が聞こえてくる。

やむ負えず中へ入りアピールするとどうやら調理中のようでした。
老夫婦で切り盛りしてるようです。品の良さそうな店主さんで安心しました。
wagaya5.jpg
予想はしてましたが、アットホームな空間。
完全にひとの家です。
いや、もといこれはわが家ですね。



メニュー
wagayamenu2.jpg
すべて定食でワンコイン(500円)!←ここポイント。

とりあえず
つけめんと豚バラ丼を注文。
2品頼みましたが、すんなり通る。

wagaya6.jpg
お菓子が置いてあるので適当に食べて良いと言うことだろう。
この雰囲気はあれ以来だ。



お通し
wagayaotooshi.jpg
ワンコインでお通し?


wagayamenu3.jpg
ワンコインに拘りがあるようですね。


すでに7年も営業を続けていた。
丁度、東日本震災の後からでしょうか?
wagaya8.jpg
お客様の一人々の笑顔の部分が強調されてますね。
自分の様な若輩者が言うのも何ですが、この言葉は本当に人生のどん底を経験した人でないと本気で思う事はできない。
口で言うのは簡単です。
このワンコインに秘められた深い思いがあるのかもしれません。


米沢風 和風つけめん
yonezawahuutukemen.jpg
店内が暗かったので画質の悪さはご勘弁を。
女将さんからの説明で米沢ではマヨネーズを入れて食べるらしい。
眉唾か??
と思ったが、どうやら冷やし中華などにマヨネーズを当然のように入れて食べるのが風習があるみたいです。米沢出身なのかな?
味をうんぬん言うつもりはない。最高にうまい!



米沢風豚丼。
butadon2.jpg
温泉卵が乗った甘しょっぱいタレの間違いない旨さの豚丼。


完食!

ご馳走様でした!


今回珍しく、飛び込みで訪問したわが家さんはワンコインで営業する良店でした。
鬼怒川公園駅の前の立地なので観光客も多いのかもしれません。現に先客も地元ではなく観光客でした。
店主さんありがとう、最高に美味しかった!


wagaya1.jpg




関連ランキング:定食・食堂 | 鬼怒川公園駅



関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術