KEY

KEY

-
今の所、栃木でジャンキーなニボニボラーメンが食べられる店
のじじさんに行ってみました。




中華そばのじじ@宇都宮 インターパーク
DSC01424_201405102306553ee.jpg
自分的には珍しくポールポジション!

という事は?

もちろんHARD狙いです。


11:15分着でポールでしたが、数分後に一気に10人ぐらい並んだ・・汗
数分遅れたらOUTですた・・


一応場所は簡単に言えばインパ(インターパーク)の丸亀製麺の敷地内です。
DSC01426_201405102306575cb.jpg
見逃してしまうので注意。




券売機
DSC01445.jpg
ポールですからもちろんHRAD。
あとニボバタご飯もポチッと!



うんちく
DSC01444.jpg
ふむふむ・・無化調&自家製麺
私的にはこの情報の方が重要であり、やはり自作ニボラーは避けては通れない道だと思っております。
やはり今後の栃木のトレンドはド煮干し、ネオ中華そばの2つが来るような気がしますかね・・

いや、もう既に流れは来ておる・・

自分でど煮干しも自作は何とかしてますが、どの程度なのか掴む試にも
やはりHARDは食べなければならないと思い来たのだ!





カウンターのみの店内
DSC01428_2014051023065853b.jpg
座席は8席



程なくして来ました!


HARD!
DSC01429_2014051023234395e.jpg
斜め白髪に玉葱、メンマ、チャーシューという構成。



イマドキなオサレドンブリです。
DSC01430_2014051023234489b.jpg
小ぶりに見えますが、意外と深いです。



DSC01431_2014051023234630a.jpg
スープはやや少な目ですが、色的には結構な煮干し具合。



まずはスープから
DSC01432_20140510232347ae1.jpg
おお
これがHARDか!
煮干しの旨味と同時に苦味も押し寄せてくるど煮干しスープ。
ちょっと思ってたのよりは控えめかな・・
↑注;これで控えめとか言う奴は変態です。

でも旨いです。


麺は細ストレート
DSC01435.jpg



DSC01433_20140510232349a0d.jpg


チャーシュー
DSC01437.jpg


メンマ
DSC01436_20140510233717a09.jpg
ブロック状になっております。
ドットを意識でしょう。




ニボバタご飯
DSC01438_201405102337200b6.jpg
ハート印の煮干しバターに醤油タレが掛かっています。



このハート
DSC014381.jpg
かわええのう・・



ぐちゃぐちゃにしちゃうけどね・・(^_^.)
DSC01442.jpg
スープも混ぜて頂きました。



完食!
DSC01443.jpg
ご馳走様でした!


流石はのじじさんでした。
無化調にもかかわらず完成度高かったです。


でも自分はノーマルをおすすめしますね。



やはり
煮干狂會の店も一度食さねばならないっすな・・



関連記事