KEY

KEY

-
江曽島から移転して随分経ってますが、前に同僚に勧めたら店が豚臭くて駄目だったと言われた・・

う~ん・・
万々は臭みを抑えてると認識してたのですが・・


博多らーめん万々@宇都宮
DSC01989_20140608213116f7a.jpg
おおう?

高架下!(゜_゜>)


ジャストフィット!
DSC02011_201406082131199aa.jpg
高架下に思いっきりすっぽりハマってるような?

なぜか写真で見るとミニチュアっぽく見える・・(笑)

スポンサーリンク

所で、やはり嫌な豚臭さはこの時点で全くない。

同僚・・どういう事だ?


中途半端な時間の訪問で
店主のおっちゃんが外で何か作業してました。

大丈夫か聞くとOKとの事で

早速入店。
DSC019903.jpg
カウンターに座りますが、店内は前の店とは違い奥にテーブル席が出来てますね。

これで家族でも安心して来る事が出来ますね。

ちょっと見にくいですが
メニュー
DSC01992.jpg

DSC01995_20140608213636303.jpg

DSC01993_20140608213634fb0.jpg

つけ麺やチャーシュー丼などが無くなって絞られました。
本格派らしくて良いのですが、逆に家族では訪問しにくいかも・・・難しい所ですね。

黙々と仕込みや作業をする店主。
寡黙な印象ですが、丁寧な言葉遣いで良い感じです。


博多らーめん
DSC01996_201406082146397cf.jpg

DSC01997.jpg
いい感じのビジュアルです。

スープ
DSC01998_20140608214642df7.jpg
臭みは殆ど感じられないクリーミーな豚骨スープ。
決して粘度が高い訳では無くさらりとしており、表層の脂も多くないのでクドクなく
飲んだ後でも問題なく頂けそうな一杯です。

決して濃厚でドロドロが本場では無く、九州には行った事ないが
何となく博多系はこんな感じなんだろうな?
と思わせてくれるスープですね。
↑注:色々と調べた結果です。


定番の低加水細ストレート
DSC02000_20140608214644ada.jpg
はりがねにしました。

チャーシュー
DSC02002_20140608215637662.jpg
チャーシューはバラ巻。
キクラゲもコリコリして良い感じ。


なぜか明太子
DSC02001.jpg
多分サービス?
おっちゃん!

有難う!(^o^)


激しく白飯と食べたい気持ちもあったが、替え玉!
DSC02003.jpg
茹で加減は
カタめん!

卓上
DSC01994_201406082156562af.jpg
辛子高菜、紅生姜、胡麻、酢、タレ、ラー油、ニンニク擦りおろしなど
全て揃ってます。


DSC02006_20140608215640c98.jpg
明太子どうして良いか?
分からず乗せた~!

完食!
DSC02008_20140608215642809.jpg
ご馳走様でした!


宇都宮で博多系豚骨らーめんはやはりここ何でしょうね・・
その後、同僚も九州に旅行に行って博多の豚骨を食べた様で
やはり、万々の豚骨が本場らしいのは分かる気がすると言っておりました。

ちなみに新幹線が通過すると揺れますが、速いのですぐに揺れが終わります・・(笑)

DSC02009_20140608213119803.jpg

博多らーめん万々

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 南宇都宮駅


関連記事