KEY

KEY

-
DSC04934.jpg
とある目的があってここ坂内食堂に来てみました。

振り替え休日により平日が休みになり
これは願っても無いチャンス!

この日のために前々から減量&ジョギングで絞っておきました・・・

前日夜から
喜多方入り早速朝ラーだ!
でも、朝起きるとそんなに食欲なくなってた・・・笑

あの日、あの時、あの場所でいつも大行列の坂内食堂!
家族でだと何回諦めた事か!



平日朝はこんなに空いてるのか!
DSC04935.jpg
驚いたよ!




私情はイイから本題へ入りましょう。
DSC04936.jpg
全国的に超有名な坂内食堂。
実はこの店で謎の呪文を唱えると
不思議な事が起こる事をご存知ですか?


店内
DSC04941.jpg
先客1人、マジか!


DSC04940.jpg
先に注文して座るスタイル。
佐野の森田屋もそうだったな・・確か・・


小上がりに座ってみました。
DSC04953.jpg



さてメニューです。
DSC04939_201507242134180a2.jpg

DSC04938.jpg
肉そばが有名でチャーシューがドンブリを覆う
あのインパクトは皆さん周知の通りだと思います。

ですが、インパクトはコレだけじゃなかった・・

散々迷った末、自分はある呪文を唱える事にしました。


その呪文とは・・・





ハイ!来ました!
支那そば

DSC04943.jpg
これが・・


カタメアブラッコク!






この表層の茶色い脂・・鶏油なのか?
DSC04944.jpg
これは自作ラーメン仲間のmerさんが何度も通った末に生み出した注文。
自分がmerさんと出合ったのも何かの縁。
使わせて頂きました・・m(_ _)m




脂の無い隙間を狙ってデフォのスープを確認します。
DSC04945.jpg
動物系の豚主体のスープなのでしょうけど、塩分が際立っているものの
角は取れており、下支えに煮干の上品さと合わさりすっきりとしてウマー!




このすっきりとしたスープがチャーシューとの相性が良く
DSC04952.jpg
肉そばが絶品なんでしょうね。




ところが・・・
DSC04946.jpg
この表層の脂
アブラッコクの部分ね。

寸胴から濾すことなく乗せられたような脂が・・・
まるでデフォのスープ全てを台無しにするがの如く・・(笑)


超絶野獣臭満載でパンチ力が激増している!


こりゃすげぇぞ!

間違いなくマニア向けな一品だが
こりゃたまらん!


この脂が謎な訳だが・・
推測ですが豚主体だが鶏も使用してるような?
メイン寸胴は脂を極力少なくする為に
寸胴の表層の脂を掬って別鍋に移して置いてそれを濾さずにぶっ掛けるのか?


まあ、聞けば分かるかも知れないが、それじゃ面白くない・・笑


いずれにせよ脂部分まで塩分を感じ
スープとタレの一体感を感じる事からベースは塩で
塩ダレをドンブリで合わせるのではなく
寸胴自体に塩味を付けて
そこに少々醤油感も感じるので合わせダレ醤油で作られた
もしくは醤油仕込みのチャーシューから溶け出たような印象です。





多加水麺
DSC04951.jpg

DSC04948.jpg
カタメになってはいるものの
ややもちっとした食感もあり、スープの馴染みも良く美味しいです。



ってか
これ味わっちゃうと普通のじゃ物足りなくなりそう・・笑
DSC04946.jpg
もちろんラーメンを食べなれてる人じゃないと受け入れられないかも知れませんが
にしてもすげえよ!
この裏注文。
merさん有難うね!


思わず完飲!
次・・控えてるんだけどね・・汗
DSC04954.jpg
ご馳走様でした!

坂内食堂にこんな裏メニューが存在するとは・・

坂内のインパクトは肉そばだけと思ってませんか?


勇気を出して呪文を唱えろ!


その呪文は・・



カタメアブラッコク!


DSC04937.jpg

坂内食堂

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 喜多方駅


関連記事