ぼんじりでラーメン作ってみた@自作ラーメン

IMG_7224_20190519191810014.jpg
ハナマサにぼんじりが売っていたので買ってみました。

以前、ぼんじりを補助的に使った事はあったので今回はぼんじり自体の傾向を知るためにぼんじりのみで作ってみます。

IMG_7226_20190519191811538.jpg


IMG_7232_2019051919181377e.jpg


IMG_7238.jpg
鶏油も取れるし、コラーゲンも出ます。
問題は香りですね。

鶏の風味は強くなかなかの鶏感ですが、奥底に妙な臭みがあります。


IMG_7239.jpg
ぼんじり出汁殻で鶏白湯にしてみます。


IMG_7251.jpg



IMG_7244.jpg
チャーシューは以前の記事↓

低温蒸しチャーシュー
https://yapparimengasuki.com/blog-entry-1397.html




麺も試作中
IMG_7233.jpg
残念ながら茹でると切れてしまいました。


IMG_7240.jpg
塩ダレは低温蒸しチャーシューの時の肉汁に塩を追加したもの


DSC03327_2019051919180747d.jpg
塩ダレに醬油を足しただけ


DSC03331_20190519191809d2d.jpg
鶏白湯。塩だれのみ



鶏白湯の方が最後の奥底に臭みが残る。
この妙な臭みはぼんじりの油壷の匂いでしょう。
なのでそれを処理してから出汁を取れば鶏感のあるスープになるでしょうね。





でもそれじゃ普通の発想。
皆が思いつく。


馬鹿な奴はその臭みを活かせぬか?と考える。
カレーのスパイスなども必ず隠し味に臭いのを使ってます。
臭みはマイナスからプラスに変革する時がある。


その変革のトリガーのひとつは?






メイラード反応では?と考える


何の根拠も有りません。
でもそう思ったならやってみるしかないでしょうね。


焼き鳥みたいに香ばしくならないかなぁ~

そのうち続きやります。


関連記事
スポンサーサイト
ぼんじりでラーメン作ってみた自作ラーメン