石孫本店@秋田県湯沢市 醸造蔵を見学

石孫本店 醤油
自作ラーメン研究会秋田ラーメンツアー
秋田県湯沢市にある石孫本店さんに来てみました。
今回のツアーで一番気になっていた所です。


石孫本店 醤油
入口を入ると心地よい醤油の香り~
今回は見学なので、早速、奥へとずずーっと奥の座敷に案内して頂きました。




石孫本店 醤油
奥の座敷で映像を見た後、ひとつひとつ商品を丁寧に説明しくれました!
そして試食までさせて頂きとても有難い。
研究会のメンバーも、おのおのに質問をしながら試食しています。


石孫本店 醤油
あまりにも居心地が良いのでこの勢いで飲んじゃうか?なんてね・・笑
いや、本当に酒のアテでも行けるぐらい美味しいのよ!

スポンサーリンク




では早速、蔵の方へ見学です。

その前に!
注:蔵見学当日は『納豆』、『みかん』は絶対に食べず触らずにお願いします。

石孫本店 醤油
こちらに来るとさらに何とも言えない醤油らしい香りが漂います。
石孫本店では明治時代からの蔵を今でも使っています。
この麦炒り釜は小麦を炒るのに石炭を使っているようで今では入手が困難となっているようで北海道から調達してるようです。


製麹室
石孫本店 醤油
石孫本店さんでは麹も手造り、麹蓋(こうじぶた)」と呼ばれるお盆のような物を使用し床下に木炭をセットして温度を上げ
天井で開閉しながら温度を調節する。機械ではないので物凄く手間暇のかかる作り方・・いや作るというよりむしろ育てると言えるかもしれません。
自分も他の蔵を見学したことがありますが初めて見ました。


石孫本店 醤油
出来上がった麹は桶に移動する訳ですが、人力なので何往復もして運びます。
これも大変な作業でしょう。


石孫本店 醤油
一体何往復するのか?
自分には見当もつきません。


石孫本店 醤油
発酵が進んだ桶。


醤油を絞る圧搾機
石孫本店 醤油
これも旧式のようで、この後火入れして醤油の完成。


石孫本店 醤油
こうなるととても欲しくなりますよね。
吟味する研究会メンバー達。
醤油もさることながら黒味噌やみそたまりなど他では見ない商品もあるのは大きな魅力。
勿論、自分も買いましたのでいずれ登場してくると思います。


最後に一言〆たい所ですが、歴史が深すぎて自分が言えることは少ない。
秋田の原料。そして秋田の風土。機械を使わず昔ながらの製法を守ることによる日々の積み重ね。時間。
これらが石孫本店にしか作れない独自の味を形成してるかもしれませんね。
とても貴重な光景で感動し、必ず残さなければいけない蔵であることを痛感しました。
石孫本店さん、丁寧に案内して頂き感謝です!

石孫本店 醤油

●有限会社 石孫本店
〒012-0801 秋田県湯沢市岩崎字岩崎162
TEL: 0183-73-2901 FAX: 0183-73-8131
営業時間:月 ~ 金 9:00 ~ 17:00 (休業:土・日・祝)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック