ラーメン探究日記

台湾ツアー3日目 台北編① 高雄→台北~永康街~西門駅

2020/01/07
台湾
台湾 台北 西門 永康街 タピオカ 幸福堂
無題
台湾ツアー3日目
3日目からは自由行動。ここからが本領発揮です。

高雄から真逆に位置する台北へ行く計画を立てました。その距離約350㎞
東京から名古屋まで行くようなモンです。
旅行で日帰りで行く距離ではないでしょう。

さらに高雄にホテルが連泊で取ってあるし、帰りの飛行機も高雄から・・・
でもどうしても台北にも行ってみたい・・考えた末出した答え。

ホテルダブルブッキング作戦。

台北にも格安ホテルを予約し、キャリーやトランク等の大きな荷物は高雄のホテルに置いた状態で新幹線で台北へ。
最小限の荷物で向かいます。
何とも贅沢と言われそうですが、望みを叶えるにはこれしかない!



台北 観光
高雄駅から直接新幹線は出ていません。高雄駅から左営駅に行って新幹線になります。

今は便利な世の中。台湾のアプリを使用すればMRT(地下鉄)も使用できるでしょう。

そこで役に立つのが悠遊カード。日本でいうSuicaみたいな物です。鉄道だけでなくバスでも使えるし割引になります。


左営駅
台北 観光
まるで空港の様な造り、結構新しい駅ですね。
新幹線は外国人限定パスを使用。自分の時は7000円でした。
新幹線が3日間乗り放題になります。計算すると分かりますが、台北ー高雄を往復しただけで元が取れてしまうのです。
しかも指定席です。
これを使わない手はない。


駅では日本語は通じませんが、英語で対応してくれます。
バウチャーを使い。窓口で相変わらずカタコトの英語で何とか手続きします。
台北 観光
これは帰りに撮った物ですが、指定席で取れてます。
残念ながら自分は英語が少ししかできませんが、旅行ぐらいなら何とかなる。
そもそも何を言ってるのか?が分からなければ何も出来ない。そうなると初めはリスニングが重要なんですね。

注:本当は学生時代にもう少しまともに勉強しておけば良かったと後悔してます・・



これが台湾の新幹線
台北 観光
自分は鉄道マニアは無いので分かりませんが、
この新幹線は型式700T

日本初の輸出用新幹線車両として、JR東海、JR西日本が共同開発した車両である。700系新幹線車両がベースとなっている。製造は川崎重工業・日本車輌製造・日立製作所が担当し、初期車全30編成が日本で製造され、輸出された。


wikiより

誇らしいじゃないですか?日本の技術。


32678084-A635-4A6F-BCFC-68A47C00D646.jpeg
新幹線で約2時間で台北に到着。


さらに台北駅→東門駅へ移動
永康街(ヨンカンチェ)
台北 観光
台北に来る観光客の大半は訪れるであろうと言われる場所。
グルメから雑貨店などのお土産ショップから全てここに来れば可能と言えるかも知れません。
生憎の雨で旅行中はずっと天気はすぐれないままでした。



永康牛肉麺
台北 観光
目的の店。牛肉麺の有名店です。
ご覧の通り、行列が常に出来ている有名店。
20分ぐらい待って入店。


半筋半牛肉麺
台北 観光
めちゃんこ美味い。

牛肉、牛筋の煮込んだスープを使ってるのか?と勝手に妄想していたが、このスープのさらっとした感じと動物系のパワーよりも野菜系の様なあっさりさ。。
別仕込みであると思う。そこにこんなにボリューミーな牛肉が乗っているのですからバランスは完璧だ。
どうやってこんなに牛肉を柔らかくしてるのか?
妄想が膨らみます。

台北 観光
こちらは中にサツマイモが蒸したご飯
モツとバラ肉を注文してみました。


台北 観光
台湾の定番はマンゴーかき氷です。


しかし
台北 観光


台北 観光
タピってんねん・・( ̄▽ ̄)


永康街には小籠包の超有名店
鼎泰豊《ディンタイフォン》がある
台北 観光
180分待ちと表示されております・・・

あかん・・・旅行が潰れてしまうねん。

なので裏技を使います・・
後でね・・


オイ!Σ(゚д゚|||)







西門駅
台北 観光
台湾の原宿と呼ばれています。
そういわれると何となくそう見えなくもない・・汗


幸福堂
台北 観光
タピオカの聖地。
なんだかんだ言ってここのタピオカが最強である。
台北 観光
生のタピオカ生地を専用のカッターで適度な大きさにカットしてる。
もちもち感ってのは大きさに依存するのは目に見えて分かる。


DSC06717_202001080039358aa.jpg
そして茹でたてをドリンクにして提供!
もちろん熱いので、氷で冷やして提供するのですね。
冷やすことでタピオカに弾けるような靭性が生まれる。
なんといっても黒糖の相性がピカイチ。
HITする理由が十分かりますね。


台北 観光
他店よりは値は張るが王者の貫禄だ。
ちなみに金箔乗せのインスタ映え狙いの一品もある。


所で西門駅に来たのはタピオカが理由ではない。


千と千尋の神隠しの舞台に似ていると噂される。
九份に行くためなのだ。
ここから965系のバスに乗って九份へ
悠遊カードで乗れます。
バスは観光客にはハードルが高いらしいが流石に海外も少しは慣れてきている。
だが、九份は特にハードルが高いのだ!
入念な下調べを要します。


長いので一旦切ります。
次回へ続く
関連記事
スポンサーサイト



KEY
Admin: KEY
当方、全く料理経験無しでいきなり自作ラーメンブログを始めまてしまいました。
待つのは成功か?挫折か?

継続は力なり。
気が付けば自作ラーメン歴も長くなり、今では何故か?
毎回実験になってます(笑)
台湾